AGAは病院で治せる

対策方法を調べる

鏡を見る人

AGA改善対策としてできること

あの人、前まで髪の毛薄かったのに最近ふさふさになっている・・・と思ったときその解決方法気になりませんか?

READ MORE

新着情報

AGAの人が挑戦している治療方法

no.1

飲むタイプの薬

気軽に続けられる、いつでも使用できるというメリットがある内服薬は多くの患者から人気を集めています。AGAの根本的な改善をすることができるため、神戸のクリニックでも多くの人が利用しています。

no.2

髪の毛を育てる薬

髪の毛の成長促進効果があると言われている、ミノキシジル外用薬も多くの患者が利用している治療方法の一つです。内服薬と一緒に使うことができるため、早く効果を実感したいという人や同時に試してみたいという人から人気です。

no.3

レーザー治療

神戸にあるAGAクリニックでは、低出力レーザーを使った治療方法を行なっています。頭皮に直接照射することができるため、毛根細胞の働きを活性化させることができ、髪の毛が育ちやすい環境作りをすることができるのです。

no.4

ハーグ治療

AGAの治療に効果的な薬を直接頭皮に塗り、しっかりと浸透させていくという治療方法です。使用する薬の成分には成長因子と呼ばれる成分が含まれているため毛根細胞の分裂を活発にすることができます。神戸にあるクリニックでも、利用できる方法です。

no.5

植毛

直ぐに効果を実感したい、早く髪の毛を増やしたいという人から人気のある治療方法です。人工毛かAGAの影響を受けていない自毛を使って治療するため、自然に生やすよりも早く見た目を改善することができます。複数の治療と同時に受けられることもあります。

AGA発症の原因

ジヒドロテストステロンの影響

テストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素を結びついてしまうとジヒドロテストステロンに変化してしまいます。これは、発毛を促す細胞の働きを弱めてしまうと言われているためヘアサイクルが乱れ薄毛の原因になってしまうのです。

両親や親類からの遺伝

両親や親類にAGAを発症した事がある人や、治療中という人がいる場合は高確率で遺伝している可能性があります。最近は、若い年齢で脱毛症に悩む男性も多く存在しますが、そういった人のほとんどが遺伝による発症と言われています。

タバコ

普段からタバコを吸っている人は、吸わない人に比べてジヒドロテストステロンの量が多いと言われています。また、血行が悪くなり末梢血管が縮小してしまうため、髪の毛に充分な栄養を与えることができなくなるのもAGAになる原因です。

飲酒

大量のお酒を飲んでしまうと、肝臓でアルコールを分解する際に大量のアミノ酸やビタミンなどを消費してしまいます。そのため、髪の毛を強くするために必要なアミノ酸が足りなくなってしまい、薄毛に繋がってしまうのです。

睡眠不足

不規則な生活を送っている人は、毛髪の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌が少ないと言われています。成長ホルモンの量が減ってしまうと上質な髪を作ることができなくなってしまい、抜けやすく細い髪の毛が生えやすくなってしまう場合があります。

【PR】
AGA治療情報!クリニック(東京、大阪、神戸など)ご紹介!
AGAに対する疑問、治療法、改善法。

そもそもAGAとはなんなのか?

育毛サイクル

AGAとは

AGAとは、男性型脱毛症の別名で男性だけが発症する脱毛症という病気のことです。病気といっても命に関わる重大なものではありませんが、男性の見た目を大きく変えてしまいます。この病気になってしまうと、ヘアサイクルが乱れてしまい毛髪が充分に成長しないまま抜け落ちてしまい徐々に頭部が薄くなってしまったり、額部分が薄くなってしまったりという症状が現れます。AGAになると、特定の症状が現れるため確認してみましょう。神戸にあるクリニックで、診察してもらうこともできるため、自分で初期症状が出ているのか判断できない場合は早めに診察を受けてみましょう。

AGAの初期症状

初期症状として最も多いのが
・抜け毛の量が増える
・抜けた髪の毛が以前より細いタイプが増えた
・以前より髪の毛が全体的に細く柔らかくなってきた
・頭頂部や髪の毛の生え際部分の髪が薄くなってきた
・額の範囲が以前より広く感じる
こういった症状が現れはじめます。AGAになったからといって数日で直ぐに症状が進行するわけでもありませんし、、直ぐに全部の髪の毛が抜け落ちてしまうということもありません。しかし、初期症状を見逃してしまうと治療に時間がかかってしまうため早く治したいという人は自分で初期症状の確認をしてみましょう。

遺伝はするのか

5αリダクターゼは、人間の頭皮にもともと存在する酵素の一種です。この5αがリダクターゼが生まれるつき多い男性がいるため、そういった人はAGAが発症しやすいと言われています。生まれつき5αリダクターゼの量が多い人は、家族や親戚の中に同じように5αリダクターゼの量が多い人がいるため遺伝してしまうのです。そのため、家族や親戚に薄毛が多いという人は注意しておきましょう。

一人で悩まないでください

今では、様々な方法でAGAの治療を受けることができます。そのため、一人で悩まずに専門医に相談しましょう。個室タイプのクリニックもあるため、人の目を気にせず受診することができます。